マイコプラズマ肺炎の大人の治療期間や薬、方法が治療指針とガイドラインに?

公開日: : マイコプラズマ, 肺炎

マイコプラズマ肺炎がこの頃流行っています。

マイコプラズマという細菌は普通の菌とは種類が違い、体内でも体外でも増える性質があり、今まで使われていたペニシリンなどでは効果がありません。

治療薬となるのは抗生物質などですが耐性の問題が出て来ており、医師の判断が必要です。

初期は風邪と似ているので自己判断などで勝手に市販薬を飲む事で、病気を重症化してしまうので過信をしない様に注意が必要です。

それでは、今回は大人がマイコプラズマ肺炎になった時の治療期間や治療方法について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の症状と治療期間

マイコプラズマ肺炎は、秋にかかりやすく、潜伏期が2~3週間ほどあります。

発症すると発熱があり、それから2日後ぐらいに咳がでて徐々にひどくなります。

初めは風邪のような症状で喉の痛みや倦怠感・筋肉痛・発熱があり、空咳から痰の絡む咳へと移行するごとにひどくなっていきます。

しかし、感染しても発症しない人もいます。

予後は良好な場合が多いのですが、咳がひどいのが特徴で1か月以上続く事もあります。

一度かかってもまた再発する時があり、免疫は一生できません。

嘔吐やひどい頭痛が有る時には髄膜炎や中耳炎・尿道炎・肝炎・慢性炎など、色々な合併症になる時があるので注意が必要です。

病原体が痰に検出されるのは発症の2~8日前で、発症発現時にはピークとなり、そのまま1週間ほど続いて少しずつ落ち着いてきますが、4~6週間以上継続して病原体が排出されつづけます。

ataryman

大人のマイコプラズマ肺炎の治療薬と治療方法とは

マイコプラズマ肺炎は細胞壁をもたないので、細胞壁を阻害する薬は効き目がありません。

主にマクロライド系テトラサイクリン系などの抗生物質による治療薬処方となりますが、 この頃では耐性菌がでてきて問題となっています。

今まで効果があったのに、また効果が有るとは限らないので、自己判断などで風邪薬を飲んだりせずに医者による早期発見や治療が重要です。

最近では、迅速に診断できるキットも普及して早期発見に役立っています。

一般的にほとんどの人が軽症ですむ場合が多いでしょう。

しかし重症化した場合、入院による専門的な治療期間が必要です。

普段よりも長引く咳の症状があるなら必ず医療機関で診察を受けてください。
 
感染経路は風邪やインフルエンザと変わりませんので、手洗いやうがいなどが有効ですが、患者から感染するためマスクで防護することも大事です。

prevention

マイコプラズマ肺炎の治療指針とガイドラインについて

学会では、2014年2月24日にマイコプラズマ肺炎に対する治療指針について案を公開し、パブリックコメントの募集をスタートさせています。

指針策定委員会のまとめにより子供と大人に分かれていて、注目すべき点は今回初の大人を対象とした治療指針が出来た事です。

それによると検査法、第一選択薬、マクロライド耐性を疑う場合や重症例の治療方法などについてのガイドラインを作って解説しています。

大人の場合は

・LAMP法とイムノクロマトグラフィー法で急性期の確定診断
・第一選択薬はマクロライド系薬を7~10日投与
・効果を48-72時間の解熱で評価し、無効ならテトラサイクリン系やキノロン系に切り替えを推奨
・重症例ではステロイド全身投与併用を考慮する事

となっています。

スポンサーリンク

関連記事

飛沫感染

マイコプラズマ肺炎の症状と感染の経路は?期間と対策の予防法

マイコプラズマ肺炎は、一般的には飛沫感染して2~3週間の潜伏期間を経てから発熱し、その後に乾いた咳が

記事を読む

shutterstock_243413815

気管支肺炎の症状で子供や小児と大人や高齢者の違いと見分け方

知ってそうで知らない?危険な気管支肺炎の症状 季節の変わり目に風邪をひき、こじらせて気管支肺炎

記事を読む

seki

マイコプラズマ肺炎で子供の潜伏期間や治療、感染者からうつる?検査や予防接種は?

マイコプラズマ肺炎は子供がかかっても、潜伏期間が長いので、どこで感染したかわかりにくい病気です。

記事を読む

アルツハイマー型認知症で、誤嚥性肺炎

高齢者の肺炎の余命と死亡率は?誤嚥性肺炎の防ぎ方

どれくらい生きられるのか? 高齢者の肺炎はとても怖い病気です。急激に悪くなり残念ながら亡くなっ

記事を読む

kaigo-oya

高齢者に誤嚥性肺炎の割合が多い理由とは?

「高齢者は肺炎に注意!」とは最近よく聞く言葉ですね。 肺炎予防ワクチンなるもののテレビCMの

記事を読む

12ab3

肺炎の症状の大人の感染経路、感染症の威力やリスクの予防対策は?

肺炎の中でもうつるものとうつらないものがあります。 高齢者などの誤嚥性肺炎や、温泉などで感染

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

抗生物質

マイコプラズマ肺炎の症状の薬は?飲まなくても治る?

マイコプラズマ肺炎の発症年齢は6歳~12歳の小児です。 小児では発生頻度の高い感染症の一つになりま

記事を読む

3999025F1021

間質性肺炎の治療薬、薬剤性にはピレスパが最新?副作用は?

肺の線維化によって、呼吸困難が起き、治療が難しいとされる間質性肺炎。 完治は難しくとも、少し

記事を読む

$RWQ873B

マイコプラズマ肺炎で子供が完治する日数や期間の目安、完治証明が出た後は?

子供がマイコプラズマ肺炎にかかったら、完治するまでは家族間でも二次感染に注意すべきです。 肺

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑