マイコプラズマ肺炎で大人は熱なしで出ない?熱型が上がったり下がったり?

公開日: : マイコプラズマ, 肺炎

みなさん、マイコプラズマ肺炎という病気を知っていますか?

マイコプラズマ肺炎とはマイコプラズマという菌に感染してしまう病気の事です。

子供から大人まで比較的かかりやすい肺炎の1つになりつつあるようです。

始めは風邪のような症状から誤診する事があり、重症化してしまうケースもありますので気を付けなければなりません。

マイコプラズマ肺炎は長引く事がありますので、大人がかかると仕事をやすんだり、家の仕事ができなくなったり色々と大変です。

それで、今回は大人がマイコプラズマ肺炎にかかった時の症状などについて調べてみました。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎による症状

マイコプラズマ肺炎という病気がはやっています。

マイコプラズマ肺炎とは始めは風邪の様な症状で、気が付かない人も多いようです。

まさか肺炎にかかっているとは気が付かず、うっかり見過ごして症状を悪化させてしまう事もあるようです。

具体的な症状をあげますと、

・38度以上の熱が出る
・夜眠れないほどにひどい咳が出る
・発熱や咳などで食欲がわかない
・のどが痛くなる
・鼻水や鼻づまりがひどくなる

といったことで、特にひどいのは激しい咳です。

普通の風邪とはちょっと違う咳がでたら、マイコプラズマ肺炎の可能性があるので注意してください。

s-2009

大人の熱型で熱が上がったり下がったりする場合

マイコプラズマ肺炎の熱型には特徴があります。

通常の体温は36.5度前後で、発熱は37.5度以上を指し、微熱は37.4度位です。

中位の熱は37.5度~38.4度でだるくなり日常生活は送れますが、38.5度以上になると歩行困難と熱や寒気になります。

個人差があり熱型や症状が子供と大人で違います。

初めは風邪と間違いやすく、3~4日たって熱と咳が増えたらマイコプラズマ肺炎を疑います。

マイコプラズマ肺炎は比較的に全身状態が良く、熱が夜に上がったり昼に下がったりします。

抗生剤が効かず(例外あり)病院で間違って風邪と判断して、 薬を処方しても「熱が下がらない咳が増えた」といった事があるので注意が必要です。

hatsunetsu

マイコプラズマ肺炎で大人の熱なし(熱が出ない)の場合

普通の肺炎は高熱と咳が出ますが、高熱が出ない肺炎もあります。

大人のマイコプラズマ肺炎は頑固な咳が出て、高熱が出にくかったりする場合があります。

微熱と倦怠感が長く続き、空咳が続いたらマイコプラズマ肺炎の可能性があります。

診断は難しく、家族や子供がマイコプラズマ肺炎にかかっていないか、しっかり確認が必要になります。

また、咳もでない、発熱なしでも倦怠感や食欲不振など見つけづらい症状もあります。

高齢者では慢性の疾患を持っている人もいるので肺炎にかかると、重症化する可能性もあり危険ですから、ぜひ病院を受診する事をお勧めします。

3348

プラズマ肺炎による熱が続く期間と潜伏期間

感染から発症までの潜伏期間は2~3週間と言われています。

色々な種類の熱の出方で発症します。

肺炎になりますと発熱、全身の倦怠感、頭痛などがあります。

発熱は85~90%以上に発現しているようです。

特に咳がひどい場合が多く、2~3日程の熱が続く期間が過ぎた後でも長く続く事が多いです。

熱は1日の中で上がったり下がったりしますので、熱が出ないようになったと勘違いせず、丸々1日、発熱なしになるまでは安心できません。

飛沫感染するので手洗や患者との接触をなるべく避けなければなりません。

症状が治まっても病原体が排出している場合があるので、治療薬は自己判断でやめずに医者の指示に従って服用してください。

スポンサーリンク

関連記事

肺炎の入院

高齢者の肺炎の看護と問題、予防するには?

自宅で肺炎を看護することになったら 自宅療養で治療できるということは、症状が軽いということです

記事を読む

100428

マイコプラズマ肺炎の症状、子供や小児が入院?大人との違いは

子供や小児のマイコプラズマ肺炎の症状 病気の場合での小児、子供とは、病院で小児科に掛かるという

記事を読む

131115-4

誤嚥性肺炎の症状、発熱の原因とメカニズムや時間、発熱しないことも

寝たきりの高齢者などがかかりやすい肺炎のひとつが誤嚥性肺炎です。 食べ物などが間違って気道に入

記事を読む

normal

マイコプラズマ肺炎の薬が効かない理由は?

毎年、秋ごろに小、中学生に多く流行するマイコプラズマ肺炎。 2011年ごろからそれまで多く処方され

記事を読む

1204

強皮症から間質性肺炎の治療、予後は?エンドキサンとは?タバコが影響

膠原病のひとつに「強皮症」というものがあります。 25歳から50歳ぐらいの女性に多い病気とさ

記事を読む

t06_02

高齢者の誤嚥性肺炎の食事、開始時期とメニュー、食事姿勢や介助の方法

日本人の死亡原因の上位にあげられる肺炎。 中でも、誤嚥性肺炎は高齢者に多い肺炎です。

記事を読む

imagesP018WKZJ

子供の肺炎はうつる? 潜伏期間と確率は?合併症や治療法について

子供の肺炎はうつるの? 子供がかかる肺炎の中で、 この頃一番多く見られるマイコプラズマ肺炎は

記事を読む

e8c7d086

マイコプラズマ肺炎の薬、ジスロマックは効かない?子供や小児と妊婦は

小、中学校に通われてるお子さんがいらっしゃる方は、 冬~春にかけて流行するマイコプラズマ肺炎という

記事を読む

influ8

気管支肺炎はうつる?小児の期間や確率と潜伏期間や予防方法は

風邪などをひくと抵抗力が落ちて気管支肺炎になりやすいです。 気管支肺炎とは細菌やマイコプラズマ・ウ

記事を読む

syoujou_07

マイコプラズマ肺炎の治療期間、高齢者や大人より子供は軽い?

以前は子供の病気ととらえられていたマイコプラズマ肺炎ですが、近年では子供だけではなく、大人はもちろん

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑