高齢者の誤嚥性肺炎の治療の方法と薬や期間とガイドライン、絶食は必要?

公開日: : 最終更新日:2015/06/27 肺炎, 誤嚥性肺炎

日本人の死亡原因の第4位にあげられる肺炎。その中でも高齢者に多いのが誤嚥性肺炎です。もし、家族が誤嚥性肺炎になってしまったら、どのような治療方法が選べるのか、治療期間はどのくらいなのか、知っておきたいところです。

そこで、病院では何科にかかればいいのかということから、最新の治療方法など、誤嚥性肺炎の治療についてまとめてみました。

スポンサーリンク

高齢者に嚥下障害が疑われたら

誤嚥は嚥下機能の低下により起こりやすくなります。加齢や病気などで、水や食べ物が呑み込みにくくなったり、舌やのどが思うように動かせないように感じたら、嚥下障害を疑い、まずは耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

しかし、肺炎の症状がみられたら、早めに内科、呼吸器科で専門の検査を受ける必要があります。肺炎の主な症状として

「発熱」
「激しい咳」
「濃い痰、黄色い痰」
「呼吸が苦しい」

などがあげられますが、高齢者の場合、肺炎でも熱が上がらないことがあるので、元気がなかったり、食事に時間がかかり、口の中にいつまでも食べ物が残っている、ということがあったら誤嚥性肺炎を疑ったほうがよいでしょう。

enge-1-1024x755

高齢者の誤嚥性肺炎の治療期間

誤嚥性肺炎の治療は、基本的には抗生物質で原因菌が無くなれば終わりなため、1週間ほどで回復します。しかし、誤嚥性肺炎を起こす患者の多くは高齢者であり、基礎疾患を持っていることから

他の病気を併発したり、呼吸機能、栄養状態が低下することで抵抗力が弱まり、再び細菌に感染して肺炎を繰り返すことになり、治療期間が長くなってしまうことが多いようです。

また、繰り返すことにより抗生物質が効かない菌が増え、やはり治療期間がのびていってしまいます。

imagesMRDFSUPI

誤嚥性肺炎の治療薬と治療方法

誤嚥性肺炎の治療は、原因となる細菌を特定し、それに合った抗生物質で菌を殺します。また、ステロイドの短期使用により、肺炎を鎮めることもあるようです。自力呼吸が困難な場合は、酸素吸入や、人工呼吸器をつけることもあります。

誤嚥性肺炎は繰り返すことが多く、抗生物質で治療しても、誤嚥を予防しなければ再発してしまうため、治療と並行して口腔内を清潔にし、原因となる細菌を作らないこと、低下した嚥下機能を回復するリハビリを行うことが大切です。

また、最新の治療方法として、手術により声門を閉鎖する方法があります。これは、左右の声帯を閉鎖し、気道と食道を分離することで、誤嚥をなくする方法です。痰を吸引する必要が無くなり、家での介護が可能になる、再び食事をすることが出来る可能性があるので、絶食しなくてもよいなどのメリットがあります。

ただし、術後は声が出せなくなるため、人工声帯を用いることになります。
嚥下機能が低下した高齢者には、誤嚥のリスク防止のために胃ろうを用いることがあります。胃ろうをつくると自力での食事をしなくても食物が胃に入るため食事での誤嚥のリスクは無くなります。

しかし、胃ろうにしても吐き戻しや唾液の誤嚥は防ぐことが出来ません。胃ろうを作るかどうかのガイドラインは特に定められておらず、医療機関や介護施設の判断にゆだねられているのが現状のようです。

家族が誤嚥性肺炎になったら、主治医や家族間でよく話し合い、本人の意思を尊重して治療方法を選ぶことが大切ですね。

スポンサーリンク

関連記事

illust01

肺炎の症状で子供の咳なし、熱はない?インフルエンザとの違いは?

子供が体調を崩した時、様子を見ているうちに肺炎のような症状が出てきて、あわてたことがありました。

記事を読む

illust1

マイコプラズマ肺炎の治療の入院期間や入院基準、費用はどうなる?

病気で入院しなければならないと聞いた時には、その病気の重さと入院期間、そして費用が気になりますよね。

記事を読む

imagesQEV95MPI

子供の肺炎のレントゲンの所見と白い影や痕が映らない?見方と特徴と画像

子供が肺炎で、レントゲンに白い影が… 子供が肺炎になった時に、レントゲンの検査をしますが、レン

記事を読む

150311

間質性肺炎の治療にステロイド?ステロイドパルスの副作用や効かない時は?

間質性肺炎という病気をご存じですか? 肺炎の中でも、もっとも治療の難しい病気です。

記事を読む

iressa2

イレッサで間質性肺炎に?治療の機序、時期や頻度、死亡例とは?

肺がん治療薬のイレッサによる副作用で死亡例が多く出たという話を聴いたことが無いでしょうか。

記事を読む

t06_02

高齢者の誤嚥性肺炎の食事、開始時期とメニュー、食事姿勢や介助の方法

日本人の死亡原因の上位にあげられる肺炎。 中でも、誤嚥性肺炎は高齢者に多い肺炎です。

記事を読む

入院費

高齢者の肺炎の入院、期間と費用は?自費でいくら掛かる

肺炎の入院費は高い? 肺炎で入院すると、いったいどのくらい費用がかかるでしょう。 入院と

記事を読む

o2kyuuin

間質性肺炎の治療で酸素吸入、酸素療法での投与量や濃度について

間質性肺炎が進行すると、呼吸不全で死亡することがあります。 そこで、間質性肺炎の治療では、進

記事を読む

140801_5473_07116_333_250

高齢者の誤嚥性肺炎の予防の方法と薬剤、体操や運動とは?

高齢になり、嚥下機能の低下に伴い増加する誤嚥性肺炎ですが、治療をしても再発を防止しなければ、何度も繰

記事を読む

kaigo-oya

高齢者に誤嚥性肺炎の割合が多い理由とは?

「高齢者は肺炎に注意!」とは最近よく聞く言葉ですね。 肺炎予防ワクチンなるもののテレビCMの

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑