肺炎の症状は感染するか?感染経路と予防はや家族の潜伏期間とリスク

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 肺炎

肺炎の症状は感染するか?

肺炎とは、肺の組織が炎症を起こす病気で、肺まで侵入した病原体から感染することが大半のようです。

肺炎の症状が感染する病原体とはどんなものか、感染経路や潜伏期間そして予防法などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

肺炎の感染経路と潜伏期間

肺炎はかかった場所により2つに分けられます。

市中感染
普通の生活をしている中で感染すること。

風邪などにかかってから発症する場合が多い。

院内感染
何らかの病気で入院してから48時間~72時間以降に感染すること。

通常なら問題にならない菌によって発症する場合もあり、悪化しやすいので要注意。

この2つのいずれも細菌やウイルスが原因となります。

ff-91-2

肺炎の感染力と感染リスクは?

さらに肺炎の種類には、周囲の人にも感染の危険があるものと、ないものがあります。

周囲の人には感染しないものには、高齢者に多く見られる誤嚥性肺炎や、風邪の症状をこじらせて発症する肺炎があります。

健康な人でも50%程度の割合で検出される肺炎球菌も、肺炎を発症しないこともあるほど、人への感染力は弱いものです。

ただし肺炎の原因として一番多く見られ、毎年5月~6月に患者数が増加します。

img_994609_32118333_0

他にもインフルエンザ菌といった細菌に感染したことで、肺炎を発症することがあります。

症状が人から人へ感染する肺炎は、原因菌の飛沫感染により発症します。

インフルエンザウイルスに感染し、重症化した場合に肺炎になることがあり、
さらなる合併症の危険もあります。

マイコプラズマという微生物が原因のマイコプラズマ肺炎は小児を中心に
毎年のように感染の流行があります。

患者のくしゃみや咳によって感染するので、家庭内や学校などで感染が拡大します。

感染を予防するためには

現在、肺炎球菌には予防接種があるので、高齢者や乳幼児は接種しておけば、
感染を予防することもできます。

1回の接種で5年程度の免疫力がつくと言われています。

0f1cb05516be4205f897ac073b3dd204

ただし、肺炎の種類のすべてを予防するものではないので、日ごろから
手洗いやうがいの習慣や、外出時のマスクの着用などで気をつけましょう。

インフルエンザから肺炎を発症するのを予防するには、インフルエンザの予防接種を受けておくのも有効でしょう。

他にも歯みがきや舌みがきも予防策になります。

原因菌は健康な人でも口内にいるものもあるので、歯や舌を清潔にしておくことで予防することができます。

高齢者や子供だけでなく、慢性の内臓病や呼吸器系の病気を持っている人、糖尿病の人は、肺炎の原因菌に感染しやすいと言われています。

日ごろから風邪の予防を徹底するようにして、もしも肺炎が疑われる症状がある場合は家族やまわり人にうつさない為にも早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

geka_img

間質性肺炎とさまざまな治療方法について

みなさんは、間質性肺炎という病気を聞いたことがありますか? 最初は風邪に似た症状で始まり、進

記事を読む

img_a096

マイコプラズマ肺炎の大人の検査方法や結果と時間、検査値のキットもある?

マイコプラズマ肺炎はよくある病原体で子供が感染する例が多い様ですが、大人でも感染しています。

記事を読む

1204

強皮症から間質性肺炎の治療、予後は?エンドキサンとは?タバコが影響

膠原病のひとつに「強皮症」というものがあります。 25歳から50歳ぐらいの女性に多い病気とさ

記事を読む

隱、蝴・諤ァ閧コ轤・gif

高齢者の誤嚥性肺炎の症状と重症化のメカニズム、発熱と治療法は?痰はどうする

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、高齢者は肺炎になっても発熱しないこともあり、調子が悪くても風邪と勘違い

記事を読む

010101man

気管支肺炎は入院が必要?風邪の悪化が原因!?

風邪が悪化して、気管支肺炎にかかったという話はたまに聞きますよね? ”肺炎”と聞くと、入院しな

記事を読む

2011-040

マイコプラズマ肺炎の薬 クラビット錠の投与期間と点滴、250とは

マイコプラズマ肺炎の薬、 クラビットについて 感染力が強く、秋~冬、早春にかけて 小中学校で流行

記事を読む

349

高齢者の誤嚥性肺炎の看護は計画と過程で目標を、看護ケアの観察点は?

高齢者の死因の第3位と言われる肺炎。 そして、そのほとんどは誤嚥性肺炎だといいます。

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の症状、幼児と大人

マイコプラズマ肺炎の症状、幼児と大人の違いは?

マイコプラズマは、ウィルスより大きく細菌より小さい病原体になります。 まず、幼児要するに、就学前ま

記事を読む

12ab3

肺炎の症状の大人の感染経路、感染症の威力やリスクの予防対策は?

肺炎の中でもうつるものとうつらないものがあります。 高齢者などの誤嚥性肺炎や、温泉などで感染

記事を読む

150911_babyseki-crybaby

誤嚥性肺炎の症状、新生児の退院後と後遺症について

誤嚥性肺炎というと、高齢者に多い病気のイメージがありますが、 飲み込みがまだ上手に出来ず、抵抗力の

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑