気管支肺炎の症状で子供や小児と大人や高齢者の違いと見分け方

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 気管支肺炎, 肺炎

知ってそうで知らない?危険な気管支肺炎の症状

季節の変わり目に風邪をひき、こじらせて気管支肺炎になった。
という話はよく耳にします。

特に、小さなお子さんがいる家庭や体の弱いお年寄りのいる家庭などは
注意するよう言われています。

では、実際にどのような症状が気管支肺炎なのでしょうか?

スポンサーリンク

気管支肺炎の症状とは

気管支肺炎は、肺炎の一種です。肺と気管支の両方に起きる肺炎をさします。
呼吸細気管支肺胞に生じる炎症です。

気管支肺炎の主な症状は

・3日以上続く発熱また発熱に伴う発汗、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲低下など
・痰が多い湿った咳、ぜーぜーと雑音を発する呼吸
・呼吸がしずらくなることによる息切れ、胸の痛み、速い呼吸
・全身の倦怠感
・重度になると、錯乱やせん妄など(特に高齢者によくみられる)

一般的に、ウィルスによるものは症状が軽い傾向があります。
痰は透明に近くさらっとしています。

しかし、細菌による場合は症状が重くなる傾向があります。
痰は黄色くドロッとしたものになります。

※高齢者の場合、症状が出にくく重症化してしまうケースがあるので要注意です。

imagesZW39XY34

子供の気管支肺炎の症状は?

子供や小児は気管支が細いため、大人より症状が重く危険を伴います。
空気の通り道が極端に狭くなり、喘鳴や呼吸困難を起こしてしまい、酷い場合には呼吸ができない状態になります。

小さいお子さんは特に、突然症状が悪化する場合もあります。
少しでも症状があてはまれば、はやめにかかりつけ医で受診をしてください。

shutterstock_243413815

風邪との気管支肺炎の見分け方は?

風邪と症状がよく似ています。風邪と気管支肺炎の見分け方としては、症状が体全体に現れる場合は気管支肺炎を疑います。

例えば、風邪の場合咳き込むことはありますが、
胸が苦しくなるほどひどくはありません。

これに比べて、気管支肺炎は咳がひどく呼吸が苦しいほどになります。
加えて、痰も出てきます。

また、高熱が続く特徴もあります。このため、全身のひどい倦怠感や脈が速くなる。
などの特徴もあります。

風邪と比べて全身症状が多いところで判断していきます。

気管支肺炎にかかりやすいのは?

気管支肺炎は、体が弱い方がかかりやすいですが
他にも下記のような方がかかりやすい傾向があります。

・高齢者
・乳幼児
・喫煙者
・アルコールを大量に摂取する方
・免疫を抑制する薬を服用している方

ただの風邪だと勘違いして、重症化してしまうケースもあります。
特に、かかりやすい方は同時に重症化する可能性も一般の方に比べて高くなります。

熱が続いた場合や、痰がからむ咳が続くようでしたら
早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

shutterstock_147717914

2歳の肺炎の症状、熱が下がらない治療は注射?入院しないと死亡する?

2歳以下の肺炎の症状と治療の仕方は? 肺炎は大人がかかってもとても苦しくてつらい病気で、2歳く

記事を読む

hospitalization_001

子供の肺炎の入院の期間や日数、お見舞いや入院基準は?

子供の肺炎治療の入院期間はどのくらい? 肺炎は、大人にも子供にもある病気ですよね。 肺炎には

記事を読む

image148

マイコプラズマ肺炎 市販薬の種類と投与期間は?

年末年始や連休中など、 一般に病院が空いていない時期に体調を崩し、 休み明けまでに治したい!

記事を読む

209320

間質性肺炎の治療で抗生剤が効かない時は?急性増悪でも禁忌の薬は?

他の肺炎と異なり、原因がはっきりとしない、間質性肺炎という病気があります。 肺が硬化して呼吸

記事を読む

pet_byouki_dog

誤嚥性肺炎の症状と犬 レントゲンと死亡率、食事や治療期間は?

高齢者に、誤嚥性肺炎が多いというのは 聞いたことがある方もいると思います。 しかし、肺炎は人

記事を読む

PIC-20140225221736

老人の肺炎の症状と回復や完治と死亡率、高熱や痰の原因は?

老人の肺炎には症状が出ない場合も? 小児と同じく、老人の肺炎も症状が重くなりやすいうえに、回復

記事を読む

t06_02

高齢者の誤嚥性肺炎の食事、開始時期とメニュー、食事姿勢や介助の方法

日本人の死亡原因の上位にあげられる肺炎。 中でも、誤嚥性肺炎は高齢者に多い肺炎です。

記事を読む

飛沫感染

マイコプラズマ肺炎の症状と感染の経路は?期間と対策の予防法

マイコプラズマ肺炎は、一般的には飛沫感染して2~3週間の潜伏期間を経てから発熱し、その後に乾いた咳が

記事を読む

アルツハイマー型認知症で、誤嚥性肺炎

高齢者の肺炎の余命と死亡率は?誤嚥性肺炎の防ぎ方

どれくらい生きられるのか? 高齢者の肺炎はとても怖い病気です。急激に悪くなり残念ながら亡くなっ

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑