インフルエンザと子供の肺炎の症状の違い恐い2次感染型肺炎の予防方法

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 肺炎

子供のインフルエンザと肺炎について

風邪症候群の原因は約9割がウィルスに感染し発症する病気で、原因ウィルスは200種類以上あります。

肺炎とインフルエンザは風邪症候群の一部と言われています。肺炎もインフルエンザも子供が発症すると重症化するのが恐れられていますね。

今回は、子供のインフルエンザと肺炎の症状の違いや2次感染型肺炎の危険性などについて紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザと肺炎の症状の違い

インフルエンザと肺炎は、風邪症候群分類されますが、病原体の種類が異なって発症します。そして、症状も異なるのです。

インフルエンザの症状は急激な「発熱」「倦怠感」「筋肉痛」「関節痛」などの全身症状や上気道炎症状が出てきます。

ほとんどの人は、1~2週間で自然治癒しますが、体力のない乳幼児や子供は「気管支炎」「肺炎」を併発することがあり、重症化すると「脳炎」「心不全」を起こすことがあります。

ちなみに肺炎の症状は「高熱」「咳」「呼吸困難」「倦怠感」などがあります。

imagesXO1XXP34

インフルエンザの2次感染型肺炎

インフルエンザウィルス自身が肺炎を起こすことはありませんが、インフルエンザに続いて発症する「2次感染肺炎」が危険と言われます。

2次感染肺炎は、インフルエンザが治ったころに発症します。インフルエンザで亡くなる人のほとんどが肺炎にかかっているのです。恐ろしいですよね。

インフルエンザが肺炎につながる理由は、インフルエンザウィルスに感染して炎症を起こした喉や軌道は、もともと上気道にいた肺炎球菌やインフルエンザ菌が肺に感染し、菌が増えて重い肺炎を引き起こします。

fig_what_disease_03

子供の2次感染型肺炎の予防

2次感染しないためには、原因となるインフルエンザを早く治すことが大切です。
十分に休養を取って薬を飲みましょう。安静にしているのが一番ですね。

高熱が3~4日続き

「熱がなかなか下がらない」
「一度、熱が下がって再度高熱が出る」
「呼吸困難や咳が続き呼吸が苦しい」

という症状が出たら、肺炎を疑いましょう。

インフルエンザは、感染力が強いので本人が早く治ったとしてもしばらくは、外出はできませんし、子供に感染すると危険を及ぼすので注意しましょう。

10歳以下の子供は、脳症を併発して死亡することもあるので注意が必要です。
感染を防ぐためには、手洗いうがいをしたり、マスクをするなどしましょう。

インフルエンザウィルスは乾燥や低温に強いので、部屋の「湿度は60%~80%」「温度20~25℃」に保ちましょう。

ワクチン接種をするのも大切です。家族もワクチン接種をした方がいいですね。

感染しないように、予防したり、万が一家族が感染したとしたら広げないように心がけることも大切です。

特に子供は重症化することがあるので要注意ですね。
インフルエンザと肺炎には気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

抗生物質

マイコプラズマ肺炎の症状の薬は?飲まなくても治る?

マイコプラズマ肺炎の発症年齢は6歳~12歳の小児です。 小児では発生頻度の高い感染症の一つになりま

記事を読む

点滴したり酸素吸入

高齢者の肺炎は治るか?完治期間はどれくらい

治らないこともある?高齢者の肺炎 一般的に肺炎は、症状が重い場合はもちろん入院しての治療になり

記事を読む

04seki

マイコプラズマ肺炎の大人の完治期間や完治までの日数は?

この頃マイプラズマ肺炎が流行っているそうです。 マイコプラズマ肺炎は初期では風邪と同じ症状で

記事を読む

209320

間質性肺炎の治療で抗生剤が効かない時は?急性増悪でも禁忌の薬は?

他の肺炎と異なり、原因がはっきりとしない、間質性肺炎という病気があります。 肺が硬化して呼吸

記事を読む

images

高齢者の肺炎の治療方法と期間、薬の経過と入院の必要性は?

肺炎の治療方法と一言で肺炎といっても、若年層と高齢者とでは治療のやり方が異なってきます。 なぜ

記事を読む

kikanshien

気管支肺炎は大人もかかる!?症状や治療法、放置は危険!

”気管支肺炎”と聞くと、子供やお年寄りなど体が比較的弱い人がかかる病気だと勘違いしていませんか?

記事を読む

hatsunetsu

マイコプラズマ肺炎で大人は熱なしで出ない?熱型が上がったり下がったり?

みなさん、マイコプラズマ肺炎という病気を知っていますか? マイコプラズマ肺炎とはマイコプラズ

記事を読む

thumb_500869_nm_drug_leaf_img_060407

マイコプラズマ肺炎の薬 クラリスロマイシン、ドライシロップや用量は?

ジスロマックに並び、マイコプラズマ肺炎の特効薬として 処方されるのがクラリスロマイシンという薬です

記事を読む

140801_5473_07116_333_250

高齢者の誤嚥性肺炎の予防の方法と薬剤、体操や運動とは?

高齢になり、嚥下機能の低下に伴い増加する誤嚥性肺炎ですが、治療をしても再発を防止しなければ、何度も繰

記事を読む

140604main

夏の肺炎のうつる期間と確率、潜伏期間や原因は?

夏風邪をひいた・・という言葉を聞きますが、 いつまでたっても咳が止まらない時は夏型肺炎の可能性かも

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑