マイコプラズマ肺炎の大人の症状、入院と治療と仕事は?感染の予防法

公開日: : 最終更新日:2015/04/12 マイコプラズマ, 肺炎

マイコプラズマ肺炎の症状、大人が重症化しやすい?

かつては4年に1度の流行だったマイコプラズマ肺炎の症状が大人にも
このところ毎年確認されてきています。

流行の仕方から「オリンピック病」とも呼ばれ、感染者は子供が多かったのですが、大人にも症状が出ていても、風邪だと思って放置し、重症化するケースがあるんです。

マイコプラズマ肺炎の症状で大人の場合、注意すべき点や予防策などをご紹介します。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の症状とは?

秋から冬にかけて流行期となる、マイコプラズマ肺炎は「肺炎マイコプラズマ」という微生物の影響で起こります。

子供の約65%が5歳までに感染すると言われていますが、5歳未満の子供は
症状が軽い場合も多いようです。

2~3週間の潜伏期間を経て発症します。
症状としては

・発熱
・頭痛
・鼻水
・倦怠感
・風邪に似た症状
・痰が少ない乾いた咳

といった感じなので、初期は風邪と見分けがつかず、判断しにくい病気です。

1

ただ、乾いた咳が出始めて3~5日のうちに、夜も寝ていられないほど苦しくなってきたら、念のため病院を受診した方がよいでしょう。

重症化すると肺炎を引き起こしたり、肝機能障害、脳症や脳炎などの合併症の
危険も出てくるので要注意です。

症状が疑われる場合の治療方法

患者の8割程度は、毎年14歳以下ですが、大人の場合は自己判断で風邪だと思って、こじらせやすいために重症化することも多いと言われています。

マイコプラズマ肺炎の疑いで受診すると、血液検査やレントゲンで診断されます。

治療にはマクロライド系の抗生物質が処方されますが、ここ数年の間にマクロライド系の抗生物質が効かないマイコプラズマ肺炎が増えてきています。

流行の傾向が変わってきているのは、こうしたケースが急速に増えていることも原因だと言われています。

同じように咳が長引く病気として百日咳もあり、感染者全体の50%ほどが
大人という状況になっています。

こちらも症状は大人の場合、長引く咳だけというケースも多いので、咳がつらいと感じたら病院を受診した方がよいでしょう。

Fotolia_46237233_Subscription_XXL

大人のマイコプラズマ肺炎の予防方法

マイコプラズマ肺炎の感染源は、飛沫感染か接触感染ですが、比較的感染力は弱いものです。

でも職場や家庭のように濃厚な接触が起こり得る環境の中では、感染が拡大しやすくなります。

マイコプラズマ肺炎の予防接種はないので、うがいや手洗いなどをしっかりすることが予防法になります。

あとは、患者との接触や人混みを避けることも重要です。

マイコプラズマ肺炎の症状が軽い場合、大人だと外出などをしてしまい、知らぬ間に周囲に感染させることがあります。

もしも症状の可能性がある時には、マスクをしたり、ハンカチで口を覆うなど、飛沫感染を防ぎましょう。

マイコプラズマ肺炎に感染すると、免疫はできるものの、効果は長くないので、先々感染する可能性があります。

感染者が近くにいる場合は、しっかり予防策を取るようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

kikanshien

気管支肺炎は大人もかかる!?症状や治療法、放置は危険!

”気管支肺炎”と聞くと、子供やお年寄りなど体が比較的弱い人がかかる病気だと勘違いしていませんか?

記事を読む

syoujyo31

間質性肺炎の症状、咳に咳止めの治療は?痰は出る?

肺の壁が硬くなって、やがて呼吸困難などの重い症状があらわれる間質性肺炎は、痰の絡まない咳や息切れが主

記事を読む

healthcare57

気管支肺炎の完治までどれくらい?原因や治療方法について

気管支肺炎と聞くと、入院したりしなければならず完治までにすごく時間がかかるイメージはありませんか?

記事を読む

349

高齢者の誤嚥性肺炎の看護は計画と過程で目標を、看護ケアの観察点は?

高齢者の死因の第3位と言われる肺炎。 そして、そのほとんどは誤嚥性肺炎だといいます。

記事を読む

e8c7d086

マイコプラズマ肺炎の薬、ジスロマックは効かない?子供や小児と妊婦は

小、中学校に通われてるお子さんがいらっしゃる方は、 冬~春にかけて流行するマイコプラズマ肺炎という

記事を読む

処方箋 薬剤師 イラスト

マイコプラズマ肺炎の子供にはジスロマック!効かない例や効き目が悪く効果ゼロは耐性菌?解熱に飲まない時のおすすめは

マイコプラズマ肺炎は子供がかかりやすい病気として、最近毎年のように流行しています。 軽い場合

記事を読む

imagesXO1XXP34

インフルエンザと子供の肺炎の症状の違い恐い2次感染型肺炎の予防方法

子供のインフルエンザと肺炎について 風邪症候群の原因は約9割がウィルスに感染し発症する病気で、

記事を読む

無題

気管支肺炎の原因と原因菌、小児や子供や高齢者の治療と予防方法

長引く風邪、咳の方は要注意! 季節の変わり目は特に体調をくずしやすいですよね。風邪やインフルエ

記事を読む

bp6-1

間質性肺炎の余命、高齢者には人工呼吸器?糖尿病生活の危険?!

高齢者が間質性肺炎を引き起こすと 高齢者は基礎疾患を持っている場合が多いので、体力もだいぶ衰えて

記事を読む

n162

マイコプラズマ肺炎の治療、大人の治療方法や薬、食事のおすすめは?

比較的症状が軽いといわれるマイコプラズマ肺炎。 子どもがかかる病気だと思われがちですが、小児

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑