肺炎の症状で子供の咳なし、熱はない?インフルエンザとの違いは?

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 肺炎 ,

子供が体調を崩した時、様子を見ているうちに肺炎のような症状が出てきて、あわてたことがありました。

ただの風邪だと軽く考えていたら、悪化してしまっていたんです。

肺炎の症状は子供にとってもつらいものなので、早めに病院を受診するのが大事なんですね。

子供の肺炎の症状について説明していくので、心当たりがある場合にはすぐに対処してあげてくださいね。

スポンサーリンク

肺炎と風邪やインフルエンザの違い

風邪というのは、ウイルスが原因となって鼻やのど、気管支が侵されることによって、咳や鼻水といった症状が出ます。

そして肺炎は風邪のウイルス以外にも、細菌などさまざまな原因によって起こる病気で、肺が侵されてしまいます。

よって風邪やインフルエンザの場合では、症状がひどいのは3日~5日前後ですが、肺炎の場合は、5日程度をすぎてもひどい咳や、38℃台の熱が続いたりします。

他にも呼吸や脈拍数が増えたり、息が切れやすくなっていたら、肺炎の疑いがあります。

illust01

子供がなりやすい肺炎と症状

大人と違って子供は体力が弱いので重症化しやすくなり、ぜん息を持っている場合にはぜん息を誘発することもあるので、注意が必要です。

熱があまり高くなくても、肺炎の症状が疑われる時には早めに病院を受診して下さい。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマという細菌の一種によって感染する肺炎で、学校や幼稚園といった閉鎖的な環境で流行しやすくなります。

咳やくしゃみなどで飛沫感染するものですが、ほとんどが軽症で済むので、抗生物質で治療をします。

010155-03-1

診察の際に聴診器を当てても特に異常は見られなくても、X線検査をしてみると肺に真っ白な影が映るのも特徴です。

1歳以下での感染はめったにありませんが、2歳以上から増え始め、6歳以上になると割合が急増します。

症状の特徴としては、発熱や1ヶ月近くにわたって続く乾いた咳があげられ、夜間や早朝に咳がひどくなります。

ウイルス性肺炎

風邪やインフルエンザのウイルスが肺まで到達してしまい、0歳~5歳くらいまでは肺炎を起こすことも多く見られます。

もともとは風邪の初期症状から始まり、その後37℃~39℃台の発熱や乾いた咳が1週間~2週間近く続きます。

乳児~幼児のうちは比較的元気そうに見えて、食欲もある場合もありますが、風邪の症状が長引いていると感じたら、病院で診察を受けた方が良いでしょう。

細菌性肺炎

ウイルス性肺炎より症状が重くなりやすい肺炎です。

39℃~40℃の高熱や痰がからんだ激しい咳、呼吸困難といった症状が出て、重症化すると血の混じった痰が出たりすることもあります。

中でも、肺炎球菌による肺炎は生後6ヶ月~4歳くらいまでに多く、腹痛を起こすこともあります。

肺炎球菌は中耳炎、敗血症、髄膜炎、心筋炎なども起こすことがあるので注意が必要ですが、人への感染力は弱く、1ヶ月半程度で自然消滅してしまうことが多い菌です。

クラミジア肺炎

生後3ヶ月以内の赤ちゃん~幼児に多い肺炎で、大人にはほとんど見られません。

原因としては、クラミジアに感染している母親が分娩する場合、産道を通る時に感染することがあげられます。

chaien3

症状としては熱はほとんど出ないものの、乾いた咳が夜間にひどくなるので、咳が長期間続いていたら、病院を受診した方がよいでしょう。

結膜炎を併発することもあるので注意してください。

飛沫感染する肺炎ということと、安静にすることが大事なので入院治療が必要となります。

子供は大人に比べて体力も弱く、ちょっとしたことで症状も悪化しやすいものです。最悪の場合入院までしなくてはいけません。

肺炎の原因となるインフルエンザや肺炎球菌には予防接種もあるので、かかっても重症化しないように、予防接種を受けておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

illust07

マイコプラズマ肺炎、子供の出席停止期間と日数や幼稚園の学校保健安全法とは?

マイコプラズマ肺炎に子供がかかると、感染力は低いものの教室などの閉鎖的な空間では蔓延しやすくなるので

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

E1429423819146_1

誤嚥性肺炎の症状、幼児や乳幼児の場合は?

誤嚥性肺炎というと、高齢者がかかる肺炎というイメージですが、 飲み込みがまだ上手に出来ない幼児や乳

記事を読む

水分

高齢者の肺炎とは?症状と原因、治療と予防方法

高齢者の肺炎とは・・・ 非常に怖い病気です。症状が現れにくいということ、他の病気と一緒になると

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の症状、幼児と大人

マイコプラズマ肺炎の症状、幼児と大人の違いは?

マイコプラズマは、ウィルスより大きく細菌より小さい病原体になります。 まず、幼児要するに、就学前ま

記事を読む

4720c1efcadcb59ed187bdb9f54c9a5d

誤嚥性肺炎の症状、子供の場合は?

食べ物や飲み物が間違って気管に入ってしまい、 激しくむせてしまった事は誰にでも経験があるかと思いま

記事を読む

bp6-1

間質性肺炎の余命、高齢者には人工呼吸器?糖尿病生活の危険?!

高齢者が間質性肺炎を引き起こすと 高齢者は基礎疾患を持っている場合が多いので、体力もだいぶ衰えて

記事を読む

処方箋 薬剤師 イラスト

マイコプラズマ肺炎の子供にはジスロマック!効かない例や効き目が悪く効果ゼロは耐性菌?解熱に飲まない時のおすすめは

マイコプラズマ肺炎は子供がかかりやすい病気として、最近毎年のように流行しています。 軽い場合

記事を読む

PIC-20140225221736

老人の肺炎の症状と回復や完治と死亡率、高熱や痰の原因は?

老人の肺炎には症状が出ない場合も? 小児と同じく、老人の肺炎も症状が重くなりやすいうえに、回復

記事を読む

untitled

マイコプラズマ肺炎の症状と発疹のかゆみ画像の赤ちゃんの顔

マイコプラズマ肺炎は第五類感染症に属し、感染という結果が出ると医療機関は保健所(センター)に届出をす

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑