マイコプラズマ肺炎の症状、幼児と大人の違いは?

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 マイコプラズマ, 肺炎

マイコプラズマは、ウィルスより大きく細菌より小さい病原体になります。
まず、幼児要するに、就学前までの子供、赤ちゃんたちにはあまり見られない
症状です。

肺炎というと、大変怖い病気と思ってしまいます。
実際のところ、様々な病気の結果、最期に肺炎を引き起こして死亡ということも頻繁にあります。

ですから肺炎は、特に体の衰弱した患者さんにとっては、大敵なものです。
肺炎の予防接種は、ある年齢に達したら必ず受けていただきたいものです。
5000円ほどの料金はかかりますけれど健康に対する意識は高く持って
いたほうが安全です。

スポンサーリンク

幼児のマイコプラズマ肺炎の症状

さて、「マイコプラズマ肺炎」幼児における症状は、咳と熱になります。
咳の種類としては、中々しつこく、長引くこと、一ヶ月以上続いたりする場合もあります。

しかし、幼児の場合は、比較的機嫌がよく、全身状態が良いようです。
なので、細菌性の肺炎と比べると、元気が良いので、レントゲンを撮影してみてマイコプラズマとわかるそうです。

マイコプラズマ肺炎の症状、幼児と大人

マイコプラズマ肺炎の感染経路

感染経路は、飛沫感染と接触感染です。
それ程強力な飛沫感染ではないのですが、幼稚園など小さな範囲で流行します。

感染してから潜伏期が二、三週間あり発症します。
それが一週間から二週間続き、回復期になります。咳が残るわけです。

予防接種はありません。治療は、抗生物質によります。
中でも、エリスロシンリカマイシン、クラリス、ジスロマックなど、外来で、点滴ダラシン、ミノマイシンをひどい場合は行います。

マイコプラズマ肺炎 症状 薬

幼児のマイコプラズマ肺炎の治療は

家で看護できる程度の場合、秋から冬にかけて出てくる症状ですので部屋を暖かくすること、そして加湿器などで十分に加湿をすることです。
あとは、通常の風邪のときと同じようなケアをします。

殆ど、外来で治りますが、全身状態が不良の場合、水分が採れなくて脱水状態
を引き起こした時、咳が酷くて眠れない食事が全く採れないなど自宅では危険
なときもありますので、そのときは、入院になります。
しかし、一週間ぐらいと軽いものです。

幼稚園などには、症状が改善し、つまり熱がひいて状態がよければ行くことができますと文部科学省の「学校において予防すべき感染症」のかなで目安とされているということです。

いずれにしても、幼児の点滴は親にとっても、辛いものです。
まして、血液検査、尿検査、レントゲン検査等、病院の雰囲気自体、幼児本人にとっては一層怖いものにしか映りません。

重症にしないように早期発見が必要ですね。

スポンサーリンク

関連記事

kaze

マイコプラズマ肺炎の子供の咳止めや咳出ない時、咳嗽が続く特徴は?

マイコプラズマ肺炎に子供がかかると、咳がしばらく続くようになることが多いですね。 初めは風邪

記事を読む

131115-4

誤嚥性肺炎の症状、発熱の原因とメカニズムや時間、発熱しないことも

寝たきりの高齢者などがかかりやすい肺炎のひとつが誤嚥性肺炎です。 食べ物などが間違って気道に入

記事を読む

140801_5473_07116_333_250

高齢者の誤嚥性肺炎の予防の方法と薬剤、体操や運動とは?

高齢になり、嚥下機能の低下に伴い増加する誤嚥性肺炎ですが、治療をしても再発を防止しなければ、何度も繰

記事を読む

150911_babyseki-crybaby

誤嚥性肺炎の症状、新生児の退院後と後遺症について

誤嚥性肺炎というと、高齢者に多い病気のイメージがありますが、 飲み込みがまだ上手に出来ず、抵抗力の

記事を読む

pet_byouki_dog

誤嚥性肺炎の症状と犬 レントゲンと死亡率、食事や治療期間は?

高齢者に、誤嚥性肺炎が多いというのは 聞いたことがある方もいると思います。 しかし、肺炎は人

記事を読む

imagesXO1XXP34

インフルエンザと子供の肺炎の症状の違い恐い2次感染型肺炎の予防方法

子供のインフルエンザと肺炎について 風邪症候群の原因は約9割がウィルスに感染し発症する病気で、

記事を読む

untitled

マイコプラズマ肺炎の症状と発疹のかゆみ画像の赤ちゃんの顔

マイコプラズマ肺炎は第五類感染症に属し、感染という結果が出ると医療機関は保健所(センター)に届出をす

記事を読む

3999025F1021

間質性肺炎の治療薬、薬剤性にはピレスパが最新?副作用は?

肺の線維化によって、呼吸困難が起き、治療が難しいとされる間質性肺炎。 完治は難しくとも、少し

記事を読む

aspiration-pneumonia

誤嚥性肺炎の症状と看護計画や観察項目、看護問題や過程について

日本人の死因の上位に位置する肺炎ですが、 中でも高齢者に多い誤嚥性肺炎について、 どのような点に

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑