痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

公開日: : , 痔の種類

痔の種類と症状についてのまとめ
皆さんは痔というとどのような
イメージをお持ちでしょうか?

一口に「痔」といっても、
実はいくつかの種類に分けられ、
それぞれに症状や出来る場所が
異なることをご存じですか。

「便をする時にお尻が
痛いような気がする」

「かゆみがあり
たまに出血するけど
これって痔なの?」

と不安になることもありますよね。

実は、痔は放置すると悪化して
手術が必要になったり、別の病気が
隠れていたりするんです。

そこで、早期発見のためにも
知っておきたい痔の種類と症状
について、調べたことを
まとめてみます。

スポンサーリンク

痔の種類

そもそも、痔とは
「肛門と肛門周辺に起きる病気」
の総称です。

痔の主な種類は、
痔核(いぼ痔)、
裂肛(切れ痔)、
痔ろうの3つです。

痔核の症状

痔核には、内痔と外痔の
2種類があります。

痔核は、肛門の付近にある、
動脈、静脈、筋線維などが
集まった、クッションの役割をする
部分にうっ血した、いぼのような
血豆が出来る状態です。

血豆が出来る場所によって、
内痔と外痔に分けられます。

内痔の症状

痔核のうち、直腸と肛門の境目に
ある、歯状線という波型の部分
よりも内側に出来たものを
内痔といいます。

痛みはほとんどなく、
大量に出血するのが特徴です。
初期は肛門から脱出しても指で
戻せますが、進行すると肛門から
脱出し、戻らなくなります。

外痔の症状

痔核のうち、歯状線の外側に
出来たものを外痔といいます。

出血は少なく、
腫れて激しい痛みを伴います。

排便後、すっきりしない
感じがあります。

ibozi02

切れ痔の症状

肛門の皮膚が切れたり、
裂けたりなど、肛門がけがをした
状態をいいいます。
硬い便を無理に出そうとして、
肛門周辺が裂けてしまったり、
下痢を繰り返して炎症を起こす
ことが原因で起こります。

排便時に激しい痛みや
出血があります。

排便後も痛みが続きます。
繰り返すと、裂け目が深くなって
菌が増え、炎症を起こします。

潰瘍やポリープの原因となり、
「肛門狭窄」という、
肛門が狭くなる状態になる
こともあります。

kirezi02

痔ろうの症状

直腸と肛門の境目にある、
歯状線のへこんだ部分に
大腸菌が感染し、炎症を起こす
ことがあります。

すると、化膿して膿がたまり、
肛門周囲膿瘍という状態になります

肛門周囲膿瘍を繰り返すと、
膿を外に出すために、肛門の周囲の
皮膚を破ってトンネルが
出来てしまいます。

この状態を痔ろう(穴痔)
といいます。

ziro04

肛門の周囲が腫れて、
熱が出ることもあります。

膿が出て、下着が汚れます。
治療には手術が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

20130713192356

痔の種類と治療方法( いぼ痔・切れ痔・外痔・あな痔)

痔の種類と治療について 実は国民病といわれるほど、 日本人に多い病気、「痔」。 いぼ痔

記事を読む

かゆい

痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、かゆい。 かゆいけれど外出先

記事を読む

419600

痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気のイメージがありますよね。

記事を読む

085901

痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い浮かべますか? 「痛い」

記事を読む

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg

痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。 市販の薬で治せるの?

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑