マイコプラズマ肺炎の症状と発疹のかゆみ画像の赤ちゃんの顔

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 マイコプラズマ, 肺炎

マイコプラズマ肺炎は第五類感染症に属し、感染という結果が出ると医療機関は保健所(センター)に届出をすることになっています。

感染症の発生や流行を知ることができ、医療に従事する人や国民に情報を提供して蔓延を防ぐ対策をしています。

マイコプラズマ肺炎は子供に飛沫感染で移ることが多く、潜伏期は2~3週間ほどで発症すると発熱して1~2日遅れて咳が出てきます。

だんだん酷くなっていくというのが一般的です。また、感染した人の全てに発症するわけではなく、発症率はおよそ3~10%程度です。

マイコプラズマ肺炎の症状は風邪と似たものが多いですが、中には「発疹」「かゆみ」が出てしまうこともあります。

今回はその中でも発疹の症状についてまとめてみました。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の一般的な症状

マイコプラズマ肺炎の症状で多いのは

・乾いた咳が続く(夜間が多い)
・発熱(38℃~39℃近い高熱)
・胸痛
・疲労感
・発疹(かゆみ)

と風邪に似た症状で見分けづらいです。解熱後でも咳が残ります。
その症状の中に「発疹」というのがあります。

発疹の症状

「多形紅斑」「スティーブンジョンソン症候群」など多様な病変を起こすこともあります。基礎疾患がある子供(小児)や障害のある患児では症状が異なり臨機応変な治療が必要です。

「多形滲出性紅斑」ともいい皮膚科の領域です。小児科の場合は通常すべてを網羅しているのですが、小児科の先生の専門分野によって見落としてしまう場合もあるようです。

そういうこともまれに、あるようなので一応の知識として知っておいてもいいと思います。

「スティーブンジョンソン症候群」は2014年頃によく聞くようになり、テレビなどでもしきりに放送していましたが、薬の副作用が原因で皮膚に湿疹が出るものです。

薬の副作用といってもほとんどの薬が副作用で、湿疹や赤く腫れる場合は注意が必要と処方箋薬でもありますのでどの薬が原因かはわからないのです。

ですが、やはり媒体となる人がそういう体質であるかどうかによってひどくなるか軽くて済むかかなり個人差があるようです。

最悪の場合、失明してしまうなどの悪い結果も引き起こすこともあるので注意が必要です。

スティーブンジョンソン

発疹の治療法と治療薬

「多形紅斑」はシミを残すのが特徴で、その患者にマイコプラズマ症が見つかることが多いそうです。そのような患者さんは「マクロライド系抗菌剤」などを服用すると比較的速やかに症状が消失します。

untitled

皮膚科の患者さんで「マイコプラズマ症」が発見される場合もあるということです。いずれにせよ治療は、抗生物質が投与されます。

作用によって分けると「マイコプラズマ菌」は細胞壁を持たないので、細胞壁を壊して菌を殺す細胞壁合成阻害、例えばペニシリンのような「βラクタム系抗生物質」は効きません。

なので蛋白質合成阻害のうち「マクロライド系」「テトラサイクリン系」核酸合成阻害のうちの「キノロン系」等が選択されます。

第一選択は「マクロライド系」であり、マクロライド系耐性と診断したときは「キノロン系」「テトラサイクリン系」にと慎重な抗菌薬の使用が必要とされています。

いずれにしても、治療期間は長くなりますが薬をしっかり飲んで、安静にして水分補給をしていれば体力も回復して症状がおさまり治る病気です。

スポンサーリンク

関連記事

life_31

肺炎の症状で大人の咳の音は?咳止めを止まらない期間、出ないように飲める?

肺炎の主な症状は、なかなか止まらない咳、発熱(高いことが多い)、疲労感・倦怠感です。 特に咳

記事を読む

マイコプラズマ

マイコプラズマ肺炎の症状で鼻水の色は?痰でるの

マイコプラズマ肺炎の症状とは? マイコプラズマの肺炎は統計では成人が20%、子供が80%を占め

記事を読む

201306

マイコプラズマ肺炎の大人の症状チェック!経過は自然治癒?仕事はどうする?

マイコプラズマ肺炎という病気がこの頃流行っているようです。 この病気はマイコプラズマという菌が

記事を読む

t06_01

肺炎の症状で大人の入院期間や入院基準、費用について

長引く咳で病院に行ったら「入院治療が必要です」と言われて、最初に考えるのは入院期間、そして入院費用の

記事を読む

image148

マイコプラズマ肺炎 市販薬の種類と投与期間は?

年末年始や連休中など、 一般に病院が空いていない時期に体調を崩し、 休み明けまでに治したい!

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

飛沫感染

マイコプラズマ肺炎の症状と感染の経路は?期間と対策の予防法

マイコプラズマ肺炎は、一般的には飛沫感染して2~3週間の潜伏期間を経てから発熱し、その後に乾いた咳が

記事を読む

l_01

マイコプラズマ肺炎の治療、子供の治療方法と薬や食事のおすすめは?

長く続く乾いた咳、発熱、元気がないなど、子供がマイコプラズマ肺炎になってしまったら、とても心配ですね

記事を読む

normal

マイコプラズマ肺炎の薬が効かない理由は?

毎年、秋ごろに小、中学生に多く流行するマイコプラズマ肺炎。 2011年ごろからそれまで多く処方され

記事を読む

pharmacist02

マイコプラズマ肺炎の大人の薬剤はなし? 副作用や薬が効かない、飲まなくても治る?

中々風邪が治らないと思っていたら、実はマイコプラズマ肺炎だった……というケースがこの頃増えてきていま

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑