誤嚥性肺炎の症状、幼児や乳幼児の場合は?

公開日: : 最終更新日:2015/09/21 肺炎, 誤嚥性肺炎 ,

誤嚥性肺炎というと、高齢者がかかる肺炎というイメージですが、
飲み込みがまだ上手に出来ない幼児や乳幼児にも
起こることがあるようです。

まだ、小さい幼児や乳幼児が咳やむせを繰り返したり、
突然熱が上がったりするとお母さんは肺炎では?
と不安になりますよね。

そこで、幼児、乳幼児の誤嚥性肺炎の症状などについて、
調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

幼児や乳幼児の誤嚥性肺炎の症状

幼児や乳幼児が誤嚥性肺炎になる、といっても、
高齢者に比べれば、誤嚥から肺炎を起こす率は低いです。

では、幼児や乳幼児はまず、どんな症状、様子が見られたら、
誤嚥性肺炎を疑えばよいのでしょう。

食事中や授乳中に激しくむせたりして、誤嚥したかも?
と感じたら、念のためその後の様子を観察しておきましょう。

熱もなく、機嫌が良い様子だったら心配は無いといえます。
反対に、熱が上がったり、顔色が悪くなったり、長く咳き込むような
様子が見られたら少し心配ですから、
かかりつけの小児科などに連れて行った方がよいでしょう。

shutterstock_57204115

誤嚥性肺炎を起こすのはどんな幼児や乳幼児?

3歳以下の幼児や乳幼児は、まだ嚥下が上手に出来ない状態だと思います。
そのようなお子さんが、大人と一緒にテレビなどがついている食卓で
食事をしたりすると、気がそれてしまって誤嚥する危険があるといえます。

また、風邪などで体力が落ちているとやはり誤嚥しやすかったり、
肺炎になりやすいということもあるでしょう。

食事中にむせを繰り返すお子さんは、
なるべく落ち着いた環境で食事が出来るように配慮しるとよいと思います。

また、基礎疾患としてぜんそくがある幼児や乳幼児
嘔吐しやすいお子さんも、咳こんだひょうしにつばを誤嚥したり、
嘔吐物を誤嚥して肺炎を起こしやすいと思われます。

Baby using spacer

幼児や乳幼児が誤嚥性肺炎の症状で病院に行く時

ひと昔前でしたら、肺炎は恐ろしい病気でした。
しかし、今では投薬により、入院しても1週間、
入院せずに点滴や飲み薬で安静にしていて治すこともあります。

そのため、肺炎の症状が見られても、
救急に連れて行くかどうかは様子を見て判断しても良いと思います。

ただ、誤嚥したものが気道にとどまってしまい、
吐き出すことが出来なければ、窒息の危険がありますから、
救急病院にかかる必要があるといえます。

pic_catch

誤嚥性肺炎の症状、幼児や乳幼児まとめ

高齢者に誤嚥性肺炎が多いのと同じく、
幼児や乳幼児も病気への抵抗力や体力が十分ではなかったり、
ぜんそくなどの基礎疾患によって、
誤嚥から肺炎を起こす危険があるようですね。

食事の環境に気を付けたり、月例にあった離乳食を用意するなど、
周囲の大人の配慮で子供の誤嚥そのものを
少なくしてあげることが重要ですね。

スポンサーリンク

関連記事

Exif_JPEG_PICTURE

カビで肺炎がうつる?潜伏期間や確率、原因と症状と治療法

カビで肺炎になるって本当? 梅雨の頃などのカビ対策は万全ですか? 日本のじめじめした季節には

記事を読む

f_01

インフルエンザの肺炎はうつる?確率と潜伏期間や予防方法は

インフルエンザの肺炎はうつる?関連性は インフルエンザはインフルエンザウイルスが口腔に入り込み

記事を読む

subBanner-13

肺炎の症状のチェックシートと種類、風邪との違いは?

肺炎の症状でチェックすべき点は? 肺炎は風邪の症状との違いがわかりにくく、放っておいたために重

記事を読む

a8_illust03

誤嚥性肺炎の症状と痰の性状とメカニズム、色や吸引方法は?

高齢者に最も多い肺炎のひとつ、誤嚥性肺炎。 その主な症状のひとつが「痰」です。 そこで、今回

記事を読む

アルツハイマー型認知症で、誤嚥性肺炎

高齢者の肺炎の余命と死亡率は?誤嚥性肺炎の防ぎ方

どれくらい生きられるのか? 高齢者の肺炎はとても怖い病気です。急激に悪くなり残念ながら亡くなっ

記事を読む

imagesXO1XXP34

インフルエンザと子供の肺炎の症状の違い恐い2次感染型肺炎の予防方法

子供のインフルエンザと肺炎について 風邪症候群の原因は約9割がウィルスに感染し発症する病気で、

記事を読む

水分

高齢者の肺炎とは?症状と原因、治療と予防方法

高齢者の肺炎とは・・・ 非常に怖い病気です。症状が現れにくいということ、他の病気と一緒になると

記事を読む

step01_03i

肺炎の症状で入院の期間や基準と費用や日数の平均は?

肺炎の症状で入院したら? 肺炎の症状で入院したという話は時々聞きますが、だいたいが高齢者の方か

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

入院費

高齢者の肺炎の入院、期間と費用は?自費でいくら掛かる

肺炎の入院費は高い? 肺炎で入院すると、いったいどのくらい費用がかかるでしょう。 入院と

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑