マイコプラズマ肺炎はうつるのか?潜伏期間と確率は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/27 マイコプラズマ, 肺炎

肺炎は細菌が口腔から入り感染する事によって起こります。
細菌の種類には肺炎球菌や
クラミジア・インフルエンザウイルスなどがありますが、
この頃、気になるのが流行化している
マイコプラズマ細菌に感染する事によるマイコプラズマ肺炎です。

マイコプラズマ肺炎は冬にうつる傾向が多いのですが
最近は年間を通して発生しています。
感染するケースは14歳よりも下が多く
80%となっていますが大人でもうつります。

多くの感染者は気管支炎程度で回復しています、
しかし一部の人は潜伏期間の後で
肺炎を発症しているので注意が必要です。

今回は最近、流行化しつつある
マイコプラズマ肺炎のうつる確率や潜伏期間などについて説明していきます。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎はうつるのか?

マイコプラズマ肺炎は
細菌から感染するのですが感染力はさほど強くはありません。

また、うつっても風邪と同じような症状だけで済む事も多く、
殆どの人が気付かないか、軽症で済む事もありますので
マイコプラズマ肺炎だと気が付かないまま完治する場合もあるでしょう。

しかしマイコプラズマ肺炎はうつるのです。

何故かと言いますと感染した人に近づく事による接触感染と
咳やくしゃみが口腔に入り込む飛沫感染の二つが感染経路となるからです。

風邪と勘違いしてマイコプラズマ肺炎に気が付かずに
予防対策が疎かとなってしまい
次々とうつって流行化するケースが目立ちます。

10013-1

マイコプラズマ肺炎のうつる確率と潜伏期間

マイコプラズマ肺炎の感染力は弱いにも関わらず流行化が止まらない原因として
潜伏期間が長いと言う事が挙げられます。

マイコプラズマ細菌は潜伏期間の間は症状がありませんが
体内では細菌をしっかりと保っている状態です。

潜伏期間中はマイコプラズマ細菌を保有していると気が付かないので
人が多く出入りする公共施設や仕事・学校など、
日常生活や人との接触を続けてしまう事で接触感染や飛沫感染を引き起こしてしまうのです。

接触感染と飛沫感染とでは、どちらかと言えば接触感染の方がうつる確率は高いようです。
ちなみに風邪の潜伏期間は普通の場合、5日から6日位です。

74f6b754d830629885b6ccafbd1171c3

インフルエンザの場合は大体が4日から5日位ですが、
マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は2週間から3週間と、
風邪やインフルエンザと比べると非常に長いのが特徴です。

ひどい時には1か月すぎてから発症する場合もあり、
初期の時に風邪と誤診して重症化させるケースもありますので注意しなければなりません。

マイコプラズマ肺炎の予防接種は、
まだ出ていませんので一番大切な事は予防対策を徹底的に行う事です。

うつらない為には、手洗やうがいなどをマメに行い、
近くに感染者がいる場合にはマスクなどを着用する事をお勧めいたします。
徹底的な予防対策を日常で習慣づける事が、感染しない為の一番の秘訣です。

スポンサーリンク

関連記事

kaigo-oya

高齢者に誤嚥性肺炎の割合が多い理由とは?

「高齢者は肺炎に注意!」とは最近よく聞く言葉ですね。 肺炎予防ワクチンなるもののテレビCMの

記事を読む

fotolia_31329047_xs

気管支肺炎の治療の期間と治療薬と方法、ガイドラインは?

咳がひどい!それは気管支肺炎かも? 風邪が長引いてるな、とか、咳が出て痰がおさまらないな。なん

記事を読む

kaze

マイコプラズマ肺炎の子供の咳止めや咳出ない時、咳嗽が続く特徴は?

マイコプラズマ肺炎に子供がかかると、咳がしばらく続くようになることが多いですね。 初めは風邪

記事を読む

E1429423819146_1

誤嚥性肺炎の症状、幼児や乳幼児の場合は?

誤嚥性肺炎というと、高齢者がかかる肺炎というイメージですが、 飲み込みがまだ上手に出来ない幼児や乳

記事を読む

アルツハイマー型認知症で、誤嚥性肺炎

高齢者の肺炎の余命と死亡率は?誤嚥性肺炎の防ぎ方

どれくらい生きられるのか? 高齢者の肺炎はとても怖い病気です。急激に悪くなり残念ながら亡くなっ

記事を読む

untitled

マイコプラズマ肺炎の症状と発疹のかゆみ画像の赤ちゃんの顔

マイコプラズマ肺炎は第五類感染症に属し、感染という結果が出ると医療機関は保健所(センター)に届出をす

記事を読む

syoujyo31

間質性肺炎の症状、咳に咳止めの治療は?痰は出る?

肺の壁が硬くなって、やがて呼吸困難などの重い症状があらわれる間質性肺炎は、痰の絡まない咳や息切れが主

記事を読む

Fotolia_57295422_M-1024x631

高齢者の誤嚥性肺炎の診断基準や方法、治療方法とガイドラインは?

誤嚥性肺炎という言葉を聞いたことがあるでしょうか。肺炎の中でも、高齢者に多いのが誤嚥性肺炎です。肺炎

記事を読む

100428

マイコプラズマ肺炎の症状、子供や小児が入院?大人との違いは

子供や小児のマイコプラズマ肺炎の症状 病気の場合での小児、子供とは、病院で小児科に掛かるという

記事を読む

n162

マイコプラズマ肺炎の治療、大人の治療方法や薬、食事のおすすめは?

比較的症状が軽いといわれるマイコプラズマ肺炎。 子どもがかかる病気だと思われがちですが、小児

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑