イレッサで間質性肺炎に?治療の機序、時期や頻度、死亡例とは?

公開日: : 肺炎, 間質性肺炎

肺がん治療薬のイレッサによる副作用で死亡例が多く出たという話を聴いたことが無いでしょうか。

薬には副作用がつきもの、とはいいますが、多くの死亡例などはあってはならないもの、と思います。

日本では世界に先駆けて短期間で承認された新薬であった、という点にも疑問を感じます。

イレッサの副作用での死亡例の原因は「間質性肺炎」です。

今回はイレッサとはどういう薬なのか、またその重要な副作用について調べてまとめました。

スポンサーリンク

イレッサとはどんな薬?死亡例とは?

日本人の死亡原因のトップは「がん」です。

がん治療に用いられる抗がん剤は、とても強い副作用があり、治療中は日常生活はとてもままならないものです。

そして、がんの中でも日本人に多い「肺がん」の治療は、2000年当時の承認薬では難しいものでした。

そんな中、副作用が少ない「夢の抗がん剤」と言われたのが、がん細胞の増殖を促進するチロシンキナーゼという酵素を「標的」とし、その働きを阻害する「分子標的薬」であるイレッサです。

イギリスのアストラゼネカ社によって開発され、日本では世界に先駆けて承認されました。

iressa2

承認直後、まさに「夢の抗がん剤」として、副作用に対する十分な周知の時期がないまま、町医者や歯医者などまでが安易に処方するケースがあったといいます。

その結果、副作用による間質性肺炎で亡くなる患者が相次ぎ問題となりました。

2002年7月に承認され、8月に保険診療の対象となりましたが、副作用発症の報告が相次ぎ、2004年には患者遺族が訴訟を起こす事態になりました。

イレッサによる間質性肺炎の機序や頻度は?

イレッサの重要な副作用は「間質性肺炎」と「急性肺障害」です。

その他の軽微なものとして、下痢、発疹、にきび、かゆみなどがあります。

2006年の統計では、イレッサを服用して間質性肺炎、または急性肺障害になった患者は約4%、亡くなった方は約1.6%という頻度が報告されています。

イレッサには効果が出やすい人と、副作用が強く出やすい人がいるということもわかっています。

イレッサが効きやすいとされる人は「女性」「アジアの人」「喫煙歴のない人」などで、反対に「間質性肺炎がある」「喫煙歴のある」「体力が低下している」などの人は副作用が出やすいとされています。

kituen

女性やアジア人に効果が出やすいということの機序は、EGFR遺伝子(上皮成長因子受容体)変異と関係があるといわれています。

また、他の薬(抗てんかん剤、ワーファリンなど)や、グレープフルーツなどの食べ物との取り合わせによっても副作用が増強されることがあります。

治療薬としての承認の時期について

10318gef2

イレッサの副作用での死亡例に関しては、「国と製薬会社に責任がある」という意見と、「責任はない」という意見、また、医師の責任についてなど、さまざまな意見があります。

調べてみて私が感じたことは、がんという治療の難しい病気に対して、手をつくしたい医師、家族が新薬を望むあまりに、承認前の副作用の報告がないがしろにされてしまったのではということです。

夢の薬などあるはずはなく、病気と副作用の可能性について、もっと謙虚に慎重に対峙する時期が必要なのではないかと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

水分

高齢者の肺炎とは?症状と原因、治療と予防方法

高齢者の肺炎とは・・・ 非常に怖い病気です。症状が現れにくいということ、他の病気と一緒になると

記事を読む

処方箋 薬剤師 イラスト

マイコプラズマ肺炎の子供にはジスロマック!効かない例や効き目が悪く効果ゼロは耐性菌?解熱に飲まない時のおすすめは

マイコプラズマ肺炎は子供がかかりやすい病気として、最近毎年のように流行しています。 軽い場合

記事を読む

thumb_500869_nm_drug_leaf_img_060407

マイコプラズマ肺炎の薬 クラリスロマイシン、ドライシロップや用量は?

ジスロマックに並び、マイコプラズマ肺炎の特効薬として 処方されるのがクラリスロマイシンという薬です

記事を読む

131115-4

誤嚥性肺炎の症状、発熱の原因とメカニズムや時間、発熱しないことも

寝たきりの高齢者などがかかりやすい肺炎のひとつが誤嚥性肺炎です。 食べ物などが間違って気道に入

記事を読む

s34_13660097828607

肺炎の症状とCRPの数値の高値と白血球数が下がらないのは?

肺炎の症状とCRPの数値の見方は? 肺炎の症状が疑われる場合に病院を受診すると、胸部のX線検査

記事を読む

抗生物質

マイコプラズマ肺炎の症状の薬は?飲まなくても治る?

マイコプラズマ肺炎の発症年齢は6歳~12歳の小児です。 小児では発生頻度の高い感染症の一つになりま

記事を読む

hatsunetsu

マイコプラズマ肺炎で大人は熱なしで出ない?熱型が上がったり下がったり?

みなさん、マイコプラズマ肺炎という病気を知っていますか? マイコプラズマ肺炎とはマイコプラズ

記事を読む

ac-054-l

高齢者の誤嚥性肺炎での口腔ケアの方法や看護、入れ歯の留意点と効果は?

高齢者に多い肺炎である誤嚥性肺炎ですが、調べていくと、口腔ケアの重要性が見えてきます。 口腔

記事を読む

E1429423819146_1

誤嚥性肺炎の症状、幼児や乳幼児の場合は?

誤嚥性肺炎というと、高齢者がかかる肺炎というイメージですが、 飲み込みがまだ上手に出来ない幼児や乳

記事を読む

209320

間質性肺炎の治療で抗生剤が効かない時は?急性増悪でも禁忌の薬は?

他の肺炎と異なり、原因がはっきりとしない、間質性肺炎という病気があります。 肺が硬化して呼吸

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑