急性骨髄性白血病移植後の間質性肺炎、余命はどうなる?

公開日: : 肺炎, 間質性肺炎

急性骨髄性白血病の原因は?

急性骨髄性白血病は一般的に「血液のがん」と呼ばれている怖い病気です。

血液の中には血液細胞(白血球、赤血球、血小板)があります。

その素の細胞である造血幹細胞から血液細胞へと成熟する途中に、細胞ががん化すると白血病になるのです。

白血球の中には主にウィルスを攻撃する役割の「リンパ球」というものがありますが、この「リンパ球」になる予定だった細胞ががん化したのが、急性リンパ性白血病で、それ以外の細胞ががん化したのが急性骨髄性白血病というものです。

原因は不明ですが、放射線や抗がん剤などの化学物質が原因と考えられる症例もあります。

スポンサーリンク

抗がん剤の副作用で間質性肺炎、余命は?

急性骨髄性白血病の主な治療方法は、抗がん剤による化学療法です。

白血病は他のがんに比べると抗がん剤がとてもよく効くといわれているので、うまくいけば治る可能性もありますが、あまり効果がみられない場合は進行が早く、余命も短くなってしまうことがあります。

副作用には嘔吐、吐き気、脱毛、心不全、間質性肺炎、感染症などがあります。

抗がん剤の投与により正常な白血球や血小板が少なくなっていますから、感染症と出血が命取りになり、余命を縮めてしまうことになりかねません。

untitled

また治療に使用する放射線も、間質性肺炎の原因となることもあります。

感染症は肺炎や敗血症、出血は脳や肺の出血が怖い合併症になります。

敗血症ショックを起こした時、脳や肺に出血があった場合は急変して数時間で死亡してしまうこともあります。

急性白血病の化学療法は高度の骨髄抑制をきたし、白血球が非常に少なくなる時期があります。

この時期が合併症を引き起こしやすい時期ですから、十分に注意しなければなりません。

急性骨髄性白血病移植後にも間質性肺炎の恐れ?

その他の治療方法に「造血幹細胞移植」があります。

これは、患者さんの血液の中の白血病細胞を死滅させるための治療を最大限おこなってから、健康な提供者あるいは自分自身の骨髄から白血病細胞を除いた幹細胞を移植するものです。

造血幹細胞移植の中には「骨髄移植」「末梢血幹細胞移植」「臍帯血移植」があります。

移植の前に、白血病細胞を死滅させるための治療をしますが、その際は正常な血液細胞までも併せて死滅させる程の強力な抗がん剤治療や、放射線治療を行います。

そのあとに幹細胞が点滴のチューブから移植されます。幹細胞が患者さんの体の中になじむように免疫抑制剤が使われますから、感染症の危険をともなうことになります。

ですから患者さんは、無菌室で治療にあたることになります。

うまくいけば、急性骨髄性白血病移植後2~3週間で健康な血液細胞が増えてきます。

ketsueki02

しかし、この治療にも副作用や合併症があり、間質性肺炎も含まれているので、治療中はもちろん急性骨髄性白血病移植後も十分に注意が必要です。

 

一般に、初めの治療の効果がない場合や再発した場合は、その後の治療は難しく、予後は厳しいものとなるといわれています。

化学療法も移植も必ず効くという保証はありませんが、早期発見、早期治療がとても大事です。

もし気になる症状があれば、すぐに医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ilm09

マイコプラズマ肺炎の治療の抗生剤、種類と名前や副作用は?

マイコプラズマ肺炎、症状が軽く自然治癒で回復できるときはいいですが、重症で受診した場合には治療に抗生

記事を読む

step01_03i

肺炎の症状で入院の期間や基準と費用や日数の平均は?

肺炎の症状で入院したら? 肺炎の症状で入院したという話は時々聞きますが、だいたいが高齢者の方か

記事を読む

e8c7d086

マイコプラズマ肺炎の薬、ジスロマックは効かない?子供や小児と妊婦は

小、中学校に通われてるお子さんがいらっしゃる方は、 冬~春にかけて流行するマイコプラズマ肺炎という

記事を読む

normal

マイコプラズマ肺炎の薬が効かない理由は?

毎年、秋ごろに小、中学生に多く流行するマイコプラズマ肺炎。 2011年ごろからそれまで多く処方され

記事を読む

pet_byouki_dog

誤嚥性肺炎の症状と犬 レントゲンと死亡率、食事や治療期間は?

高齢者に、誤嚥性肺炎が多いというのは 聞いたことがある方もいると思います。 しかし、肺炎は人

記事を読む

水分

高齢者の肺炎とは?症状と原因、治療と予防方法

高齢者の肺炎とは・・・ 非常に怖い病気です。症状が現れにくいということ、他の病気と一緒になると

記事を読む

1204

強皮症から間質性肺炎の治療、予後は?エンドキサンとは?タバコが影響

膠原病のひとつに「強皮症」というものがあります。 25歳から50歳ぐらいの女性に多い病気とさ

記事を読む

seki_small01

間質性肺炎は治療の抗がん剤での副作用?禁忌や時期、頻度は?

現代の日本人の死因の上位に「肺炎」があります。 しかし、高齢者に多い誤嚥性肺炎や、最近話題にな

記事を読む

飛沫感染

マイコプラズマ肺炎の症状と感染の経路は?期間と対策の予防法

マイコプラズマ肺炎は、一般的には飛沫感染して2~3週間の潜伏期間を経てから発熱し、その後に乾いた咳が

記事を読む

105af9940075407l

マイコプラズマ肺炎の症状で痰の色と痰がからむ咳は?

マイコプラズマ肺炎の症状は? 風邪をひいたあとに咳が目立ちはじめて、咳で眠れないという症状がし

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑