間質性肺炎の症状で熱が下がらない場合ステロイド剤で治療?

公開日: : 最終更新日:2015/07/05 肺炎, 間質性肺炎

通常、間質性肺炎の場合は、一般的な肺炎(細菌性肺炎など)と比べて発熱が症状としてあらわれることが少ないです。

しかし間質性肺炎での中でも特発性器質化肺炎は、咳や息切れとともに発熱の症状があります。

なかなか微熱が下がらない状態で受診して、初めて病名がわかることが多いようです。

それでは、間質性肺炎の熱の症状についてご説明していきます。

スポンサーリンク

間質性肺炎で熱が出る場合は?

正常な肺には、気管支の先に空気を入れるぶどうの房状の肺胞という袋があります。

肺胞の入り口あたりで、炎症でできた傷痕のようなものが固まってしまった「器質物」というものが充満し、またさらに肺胞の壁には炎症が起き、肺胞を塞いでしまうという肺炎です。

原因は膠原病や病原体、放射線照射、悪性腫瘍、また薬剤などさまざまですがこのうち炎症の原因が明らかでない器質化肺炎を「特発性器質化肺炎」と言います。

特発性器質化肺炎の特徴的な症状

 
間質性肺炎のひとつである特発性器質化肺炎ですが、他の間質性肺炎の特徴的な症状が咳と息切れなのに対して、この肺炎では発熱やだるさなどのインフルエンザに似た風邪のような症状があります。

具体的には咳、発熱、全身の倦怠感(だるさ)、疲労感体重減少などの症状です。

発熱に関しては、数日から数週間も熱が下がらないことを心配し受診して病気がわかった人もいます。

この肺炎にかかった患者さんの半分くらいは、こういった症状を前触れとして感じています。

患者さんの多くは40歳~60歳で男女の差はありません。

また2ヶ月くらい前までまったく症状を感じていなかった人が75%にもおよぶといわれ、急速に発症するのも特徴だといわれています。

136

熱が下がらない場合の治療法にはステロイド剤

治療効果が認められている薬剤は、ステロイド剤免疫抑制剤ですから、これらを用いて治療を行いますが、すべての特発性器質化肺炎に有効というわけではありませんし、いずれの薬剤も少なからず副作用が出る場合があります。

病状の進行が緩やかなときにはなるべくこれらの薬剤を使わず経過を見ていく方がいい場合もあります。

その場合は去痰剤、鎮咳剤などを用いて様子を見ます。

しかし明らかな原因もなく急速に呼吸不全の症状などが進んだ急性増悪の場合はもちろんこの限りではなく、「ステロイドパルス療法」や免疫抑制剤での治療が行われます。

風邪などの感染症やちょっとした無理が引き金となり、急に重症化する場合がある間質性肺炎の怖さは、この急性増悪だといわれるように、急性憎悪を起こすと手の施しようがなく、呼吸不全になって死を招くきっかけにもなります。

ステロイドパルス療法とは、点滴により3日間程度ステロイド剤を大量投与し、その後患者さんの状態に応じて減量していくという治療方法です。

この減量のやり方によっては再発することもありますから、非常に注意が必要な治療方法です。

P1240

ステロイド剤・免疫抑制剤の主な副作用

ステロイド剤の副作用としては、免疫低下による感染症、骨粗しょう症、肥満、糖尿病の悪化、筋力低下などがあります。

免疫抑制剤の副作用としては、免疫低下による感染症、骨髄抑制、腎機能悪化、肝障害、悪性腫瘍などがあげられます。

スポンサーリンク

関連記事

4d035ec

リウマチで間質性肺炎の症状、治療や機序と予後はどうなる?

リウマチの患者さんの1~3割の方が、間質性肺炎を合併して発症しているという報告があります。

記事を読む

マイコプラズマ

マイコプラズマ肺炎の症状で鼻水の色は?痰でるの

マイコプラズマ肺炎の症状とは? マイコプラズマの肺炎は統計では成人が20%、子供が80%を占め

記事を読む

隱、蝴・諤ァ閧コ轤・gif

高齢者の誤嚥性肺炎の症状と重症化のメカニズム、発熱と治療法は?痰はどうする

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、高齢者は肺炎になっても発熱しないこともあり、調子が悪くても風邪と勘違い

記事を読む

Fotolia_57295422_M-1024x631

高齢者の誤嚥性肺炎の診断基準や方法、治療方法とガイドラインは?

誤嚥性肺炎という言葉を聞いたことがあるでしょうか。肺炎の中でも、高齢者に多いのが誤嚥性肺炎です。肺炎

記事を読む

byouki_oldman

誤嚥性肺炎の症状と高齢者の死亡率、寿命や割合は?

日本人の死亡原因の上位に位置する肺炎。 中でも高齢者に注意が必要なのが「誤嚥性肺炎」です。

記事を読む

t06_02

高齢者の誤嚥性肺炎の食事、開始時期とメニュー、食事姿勢や介助の方法

日本人の死亡原因の上位にあげられる肺炎。 中でも、誤嚥性肺炎は高齢者に多い肺炎です。

記事を読む

アルツハイマー型認知症で、誤嚥性肺炎

高齢者の肺炎の余命と死亡率は?誤嚥性肺炎の防ぎ方

どれくらい生きられるのか? 高齢者の肺炎はとても怖い病気です。急激に悪くなり残念ながら亡くなっ

記事を読む

熱

高齢者の肺炎で熱が下がらない!上がったり下がったりするのは?

高齢者の肺炎は症状がわかりにくい!? 高齢者の肺炎は、症状が出にくいので発症したのがわかりにく

記事を読む

肺炎 症状誤嚥性肺炎 症状1-520x245

誤嚥性肺炎の症状と治療の薬や期間と治療方法は?

高齢者に最も多い肺炎が誤嚥性肺炎です。 食べたものなどが、食道ではなく気管に入ってしまうことを誤嚥

記事を読む

822_1_w360

マイコプラズマ肺炎の薬 ミノマイシンの投与期間と小児や子供に副作用は?

マイコプラズマ肺炎になると、 ミノマイシンという抗生物質が 処方されることがあります。 こ

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑