高齢者に誤嚥性肺炎の割合が多い理由とは?

公開日: : 肺炎, 誤嚥性肺炎

「高齢者は肺炎に注意!」とは最近よく聞く言葉ですね。

肺炎予防ワクチンなるもののテレビCMの中で繰り返し流れていて、1日に何度も聞くようになりました。

確かに、肺炎による死亡の割合は、60代で10万人に5人程度なのに対し、85歳以上では10万人に2000人以上と、急増していることがわかります。

しかし、高齢者に多いのは誤嚥性肺炎とも聞いています。

誤嚥性肺炎にもワクチンは効果があるのでしょうか。

疑問に思っていたことなので、調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

肺炎は高齢者の死亡原因第1位?!

厚生労働省発表(平成23年)発表によると、日本人の死亡原因は第1位の悪性新生物(がん)、第2位の心疾患についで、肺炎が第3位に入っています。

年代別で見ると若年層では減少し、幼少期と70歳以上の高齢者で増加します。

中でも、男性の高齢者では90歳以上で死亡原因の第1位となっています。

肺炎には、間質性肺炎、誤嚥性肺炎、SARS(サーズ)、マイコプラズマ肺炎などいくつかの種類がありますが、中でも高齢者の割合が多いのが誤嚥性肺炎で、肺炎の6割~8割と言われています。

なぜ誤嚥性肺炎は高齢者の割合が多いのか

他の肺炎がウィルスなどに感染することによって発症するのと異なり、誤嚥性肺炎は、異物が気道に入りこむことによって発症します。

高齢になると、いくつかの基礎疾患を抱える方が増え、寝たきりになったり筋肉の衰えと共に嚥下機能が低下するなどして、口腔内の清潔が保たれなくなる方が多くなります。

すると、口腔内に肺炎の原因菌が常駐することとなり、また、気道に入り込んだ異物をうまく排出することが出来ず、肺炎を起こしやすくなるのです。

kaigo-oya

高齢者の誤嚥性肺炎はワクチンで予防できる?

疑問に思うのは私だけではないようです。

検索すると、「肺炎予防ワクチンを接種したのに、祖父が誤嚥性肺炎になった。ワクチンは万能ではないの?」というような質問をしている方をQ&Aサイトで多く目にします。

肺炎予防ワクチンは、別名「肺炎球菌ワクチン」といいます。

肺炎球菌には効果が期待され、肺炎全体で見れば効果はあるようですが、口腔内の細菌によって起きる誤嚥性肺炎にはあまり効果はないというのが一般的な意見のようです。

誤嚥性肺炎の予防には、口腔内を清潔に保ち、嚥下機能を低下させないようにするため、口腔ケア」が最も重要といえます。

PIC-2014

食後、寝る前の歯磨きとうがいを欠かさないことで、肺炎の発症を半分に抑えることが出来るとも言われています。

また、口腔内の細菌は入れ歯にも発生しますから、総入れ歯の方でも入れ歯のケアは欠かさないことが大切です。

また、栄養状態にも気を付け、誤嚥を起こしても肺炎にならない体力をつけることや、食事の際や食後の1時間は身体を起こした状態にし、誤嚥を起こさない環境を作る事で予防できます。

スポンサーリンク

関連記事

seki

マイコプラズマ肺炎で子供の潜伏期間や治療、感染者からうつる?検査や予防接種は?

マイコプラズマ肺炎は子供がかかっても、潜伏期間が長いので、どこで感染したかわかりにくい病気です。

記事を読む

images

高齢者の肺炎の治療方法と期間、薬の経過と入院の必要性は?

肺炎の治療方法と一言で肺炎といっても、若年層と高齢者とでは治療のやり方が異なってきます。 なぜ

記事を読む

normal

マイコプラズマ肺炎の薬が効かない理由は?

毎年、秋ごろに小、中学生に多く流行するマイコプラズマ肺炎。 2011年ごろからそれまで多く処方され

記事を読む

img0062

肺がんで間質性肺炎併発の余命は?抗がん剤は末期に、陽子線治療と手術は?

肺がんとの併発率が高い間質性肺炎 日本人の死因のトップである「がん」ですが、その中の肺がんは間質

記事を読む

pet_byouki_dog

誤嚥性肺炎の症状と犬 レントゲンと死亡率、食事や治療期間は?

高齢者に、誤嚥性肺炎が多いというのは 聞いたことがある方もいると思います。 しかし、肺炎は人

記事を読む

Chinese herbs

間質性肺炎の治療に副作用のない薬は漢方?イレッサの症状とは?

間質性肺炎とは、通常の肺炎と異なり、大変治療の難しい病気です。 そのため主に治療に用いられる

記事を読む

3999025F1021

間質性肺炎の治療薬、薬剤性にはピレスパが最新?副作用は?

肺の線維化によって、呼吸困難が起き、治療が難しいとされる間質性肺炎。 完治は難しくとも、少し

記事を読む

ketsueki02

急性骨髄性白血病移植後の間質性肺炎、余命はどうなる?

急性骨髄性白血病の原因は? 急性骨髄性白血病は一般的に「血液のがん」と呼ばれている怖い病気です。

記事を読む

illust1274

子供の肺炎の症状で咳なし、呼吸は?治療方法とインフルエンザや風邪との違い

子供の肺炎の症状と見分け方は? 風邪だと思って小児科で子供を診てもらったら、 肺炎を起こして

記事を読む

a8_illust03

誤嚥性肺炎の症状と痰の性状とメカニズム、色や吸引方法は?

高齢者に最も多い肺炎のひとつ、誤嚥性肺炎。 その主な症状のひとつが「痰」です。 そこで、今回

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑