高齢者の誤嚥性肺炎での口腔ケアの方法や看護、入れ歯の留意点と効果は?

公開日: : 肺炎, 誤嚥性肺炎

高齢者に多い肺炎である誤嚥性肺炎ですが、調べていくと、口腔ケアの重要性が見えてきます。

口腔内の清潔を保ったり、嚥下のための口腔や周囲の筋肉のリハビリ運動を出来るだけ続けることが、誤嚥性肺炎の予防につながるということがわかってきました。

そこで、その方法や留意点、効果について調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

高齢者の誤嚥性肺炎を防ぐ2種類の方法

口腔ケアとは、その名の通り「口の中の手入れ方法」ということです。

大きく分けて「器質的口腔ケア」と「機能的口腔ケア」の2種類があります。

器質的口腔ケアとは、口の中をきれいに保つケアのことで、機能的口腔ケアとは、リハビリなどで口の機能を回復、維持させるケアのことです。

誤嚥性肺炎を起こす細菌は、歯だけにつくわけではありません。

ほほの内側や、歯茎、舌などにも残りますから、歯磨きだけでは不十分です。

また、入れ歯などで歯が無い高齢者や、胃ろうなどで口から食物をとらない方でも、痰などで細菌や汚れが口に入ることがあります。

そういった、口腔をあまり動かさない方は自浄作用が減ってしまうため、誤嚥性肺炎のリスクが高まるので、より口腔内のケアが必要となります。

koramu04-2

口の機能とは食べることはもちろん、話をする、笑うといった、生活の質を向上させる機能のことです。

口の周囲の筋肉が衰えると、こういった機能が失われます。

そこで毎日のリハビリ、運動によって筋肉の衰えを予防する必要があるのです。

高齢者の看護には入れ歯でも器質的口腔ケアを

器質的口腔ケアの代表的な方法は、やはり歯磨きです。

この時の留意点は、口腔内の保湿です。

自分でうがいが出来る高齢者の方はうがいを、出来ない方には、濡れティッシュなどで入れ歯や粘膜をふき取ったり、歯ブラシを繰り返し洗うなどしながら使用し、口腔内の保湿の看護に努めましょう。

また、保湿剤を専用のスポンジブラシに染み込ませ、粘膜の洗浄を行うなどします。

必要ならば、唾液腺のマッサージで唾液の分泌を促します。

乾燥して、粘膜にこびりついてしまった汚れは、一度に無理してはがそうとせず、数回にわけてふやかして取るような看護をします。

ac-054-l

機能的口腔ケアにおすすめの体操と留意点

代表的なものは「嚥下体操」です。

嚥下に必要な筋肉は口の周りだけではなく、首や、「むせ」の時にしっかりと踏ん張る足の筋肉も必要となります。

嚥下体操の方法

①姿勢を整える 
②深呼吸する 
③左右にゆっくり首を動かす、倒す、回す 
④両腕を上にあげる、ゆっくりと降ろす。肩をゆっくりとあげてからストンと落とす。
⑤口を大きく開ける、すぼめる、横に開く、を繰り返す
⑥頬を膨らませたり、すぼめたりする
⑦舌を出す、左右に動かす、口の中をぐるりと舐める
⑧咳払いをする
 

というように行います。

嚥下体操は食事の前に行うと効果的なので理想ですが、留意点としては入浴中やテレビを見ながらなど、高齢者の方も無理せず毎日続けることが大切です。

E16_12

誤嚥性肺炎予防としての高齢者への効果

口腔ケアの効果は、なんといっても「唾液の分泌の促進」にあります。

唾液が減少すると、発熱や、誤嚥性肺炎のリスクが増加するため、口腔ケアは高齢者だけでなく、全ての人にとって重要なものといえるのです。

スポンサーリンク

関連記事

korobanusakinotue9

高齢者が肺炎にうつる確率と潜伏期間や予防方法

高齢者の肺炎はうつるのか? 肺炎の治療には抗生物質の投与が有効とされ、 進んだ医療の発達によ

記事を読む

隱、蝴・諤ァ閧コ轤・gif

高齢者の誤嚥性肺炎の症状と重症化のメカニズム、発熱と治療法は?痰はどうする

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、高齢者は肺炎になっても発熱しないこともあり、調子が悪くても風邪と勘違い

記事を読む

症状

高齢者の肺炎の症状と治療法、インフルエンザや風邪との違いは?

風邪やインフルエンザと勘違いしていると死に至ることもある高齢者の肺炎 風邪やインフルエンザや肺

記事を読む

img0062

肺がんで間質性肺炎併発の余命は?抗がん剤は末期に、陽子線治療と手術は?

肺がんとの併発率が高い間質性肺炎 日本人の死因のトップである「がん」ですが、その中の肺がんは間質

記事を読む

150311

間質性肺炎の治療にステロイド?ステロイドパルスの副作用や効かない時は?

間質性肺炎という病気をご存じですか? 肺炎の中でも、もっとも治療の難しい病気です。

記事を読む

E1429423819146_1

誤嚥性肺炎の症状、幼児や乳幼児の場合は?

誤嚥性肺炎というと、高齢者がかかる肺炎というイメージですが、 飲み込みがまだ上手に出来ない幼児や乳

記事を読む

84shutterstock_128701208

誤嚥性肺炎の症状と赤ちゃんの離乳食の誤嚥の予防方法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、実は赤ちゃんでも無縁ではない病気です。 では、赤ちゃんが誤嚥性肺炎に

記事を読む

kaze

マイコプラズマ肺炎の子供の咳止めや咳出ない時、咳嗽が続く特徴は?

マイコプラズマ肺炎に子供がかかると、咳がしばらく続くようになることが多いですね。 初めは風邪

記事を読む

shutterstock_102119773

幼児の肺炎はうつる? 潜伏期間や確率と感染経路や治療法は

幼児に流行している肺炎はうつるのか? この頃、幼稚園や小学校などでうつる肺炎が流行していると聞

記事を読む

150911_babyseki-crybaby

誤嚥性肺炎の症状、新生児の退院後と後遺症について

誤嚥性肺炎というと、高齢者に多い病気のイメージがありますが、 飲み込みがまだ上手に出来ず、抵抗力の

記事を読む

かゆい
痔の種類とかゆみと薬!原因と治療や対処と出血時のいぼは?

我慢できない肛門のかゆみ。 原因は痔? 人には言えないけれど、

55fb7c033ee9dde3042e8268_lg
痔の種類と薬 市販でおすすめの処方とステロイドの副作用は?

痔の種類と薬について 実は、日本人の多くが悩んでいる 「痔」。

419600
痔の種類と見分け方(いぼ痔・切れ痔・痔ろう)

痔の種類と見分け方について 痔というと、ちょっと恥ずかしい 病気の

Fotolia_38712634_XS1-272x300
痔の種類と症状とかゆみ(いぼ痔・切れ痔・内痔・外痔)

痔の種類と症状についてのまとめ 皆さんは痔というとどのような イメ

085901
痔の種類と出血の症状の様子と原因

痔の種類と出血について 痔というと、皆さんはどんな症状を 思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑